効き目があるフコイダン

さて、健康食品にも含まれているフコイダンには、いくつかの種類があると言われています。1つは高分子多糖類フコースを主成分としています。これには、がんや糖尿病などの疾患に効果があると言われています。モズク由来フコイダン、昆布由来フコイダン、めかぶ由来フコイダンなどさまざまな種類があり、構造や含有量にも違いがみられます。特にモズクからは、多くのフコイダンを得ることができるので健康食品などに使用される機会も多く、より良い効果を得られると言われています。

それでは、フコイダンはどのような効能があるのでしょう。海藻類の中でもフコイダンを含むモズクは、一本一本についている「ぬめり成分」ががん細胞やピロリ菌に効果を発揮すると言われています。それだけではなく、血をサラサラにする効果もあるのでコレステロール値などの安定を図りますし、アレルギー疾患にも有効であるとされています。

ところで私たちが病気になる原因は、身体の中にあるアポトーシスの働きが悪くなりウイルス感染やがん疾患にかかる原因であると言われています。このアポトーシスはがん細胞を確実に破壊するメカニズムを持っているとされ がん細胞だけを攻撃すると言われていて健康な細胞を傷つけることはありません。

また、整腸作用もありますので便秘気味の方であれば宿便を排除することも可能ですし、粘膜の炎症も回復する作用があるのでピロリ菌対策に有効であるとされています。このようにフコイダンは、さまざまな治療に優れていることで医学界では日々研究が進められ注目を浴びていると言われています。