健康食品にもフコイダン

モズク写真

健康食品に含まれているフコイダンについて説明しましょう。フコイダンを聞いたことがある人も多いと思います。日頃から健康に気をつけて健康食品などのサプリメントを好んで飲まれている方たちにはフコイダンは、非常に身体に良い食品だと認識している方も多いでしょう。この健康食品でも発売されているフコイダンとはどのような成分なのでしょう。

フコイダンとは、もずく昆布ワカメなどの海藻類にある「ぬめり成分」のことです。この、ぬめり成分は海底で生きる海藻類たちが天敵となる魚たちから食べられたり、寝床にされてキズがつくのを防ぐために自分たちの身を守るバリアであると考えられています。

海藻類のバリア機能であるフコイダンは、古代から生息している素晴らしい食品と言えるでしょう。このフコイダンを病気の治療にも活用できることを発見したのが1913年スウェーデンの科学者です。しかし、謎の多いフコイダンは、どのような構造でできているのか未だに解明されない部分も多くあります。生物活性を持つと言うことは、ウイルスからの感染による細胞を保護したり炎症や腫瘍などに対する攻撃力にも優れていると言われています。

また、止血作用もありますので多くの治療に役立つでしょう。フコイダンの持つ力は、このように医学会でも着目されています。マウスでの実験も世界各国で行われており、がん細胞の増殖を防ぐだけでなく胃の中のピロリ菌や女性が喜ぶ美肌作用もあると報告されています。身体にも良いフコイダンがシワやくすみ、たるみ、保湿の効果にも有効であることは、非常に嬉しいデータでしょう。